太陽光発電を調べる
何年か前から気になっていた“太陽光発電”。周りの住宅にもずいぶん太陽光発電パネルの設置をするところが増えてきた。迷っているうちに、どんどん補助金とやらがなくなってしまい、なんとなく損をした気分になってしまったり。

自分が住んでいる市も、去年補助金がなくなってしまった。ちなみに、自分の実家は隣りにある市だが、そこはもともと補助金がないらしい。となれば、あとは国の補助金を残すのみ。これもいつなくなってしまうか、正直不安はある。そういえば、太陽光発電をした電力を蓄えておける、唯一の“蓄電池”の補助金もなくなってしまっているから、以前ほど普及するための対策も減ってきているのだろう。まぁ、周囲を見渡せば、補助金による太陽光発電の斡旋がある程度成功していると言えるのかもしれない。 実際、設置してみて得なのか、損なのか、把握するのは難しいし、設置することによるリスクもちゃんと理解していない。

震災による原子力発電への影響もあったり、毎年夏に求められる電力不足による節電。電気料金の値上げもあるし、こうなりゃ真剣に考えなければならないか、と、ようやく重い腰を上げることにした。

自分は、中古住宅の一軒家に一人暮らしをしている。 離婚した元妻は子ども2人を連れて、去年、再婚したらしい。離婚して2年。あっという間の再婚だったように思う。自分は元妻と結婚後、すぐに一戸建て住宅を2人で見に行き、お互いの地元近くに35年のローンを組んで、そこそこ広い家を購入した。最初の2、3年は、それなりにうまく行っていたのに、自分でも何故、今みたいな状態になったのか、いまだにわからない。

だから、離婚されたんだろうけれど。 離婚調停での元妻の言い分は、家庭をかえりみないことと、性格の不一致。仕事が忙しいという自分の言い分は言い訳になり、性格の不一致と言われても、思い当たるふしがない。ただ、もう何年も元妻とまともに会話することがない状態にあったことは事実だから、きっと何か原因があったとは思うのだけれど。 自分の状態から見て、子ども2人を引き取ることは不可能と言い切れる感じだし、家庭をかえりみないと言われた自分が子どもへの権利を主張するのは変かな、なんて、いたたまれない調停の雰囲気に押されるように何も主張できなかった自分の情けなさ。

おまけに、せっかく購入した戸建て住宅すら、子どもの環境は変えたくないという元妻の主張から、自分が家を出ることになり、ローンだけは支払い続けながら養育費を払う、という状況になってしまったのだ。それほど、自分は元妻にたいして悪いことをしていたのだろうか・・・? 調停での結論だから、従うしかない。自分はしょうがなく、実家暮らしをするはめになってしまったのだ。

そして、自分の購入した家にも住めず、ようやく実家暮らしにも慣れてきたころ、元妻からメールが入ったのだ。 “来月、引っ越しします。”
お勉強
太陽光発電
質問
工事について
いざ!



【気になってしまった】

仙台と言う都会に暮らしているとしても、鍵のトラブルに見舞われてしまうという時はどのような業者が対応してくれるのかがわからないものではないでしょうか。都会だから鍵を専門に取り扱う業者は山ほどあるだなんて考えていたとしても、実際のところは少ないものかもしれません。特に、家のものから車のものまで鍵のトラブルは様々な種類がありますから、どのようなトラブルについてでも対応してくれる業者が好ましいですので、いざという時の為に、事前に鍵のトラブルを解消してくれる業者の目星をつけておいた方がいいと思います。仙台ではいくつかの鍵専門の業者(鍵 仙台などがあります)があるとはいえ、アナログのものから電子のもの、そしてセキュリティーや防犯面まで多様な種類のサービスに対応した会社というのはかなり限られてきます。それに出張での作業を行ってもらうことから、対応エリアが仙台全域という活動範囲の広さも求められますので、これらの条件にを多く満たす業者を絞って見つけていく必要があるでしょう。日常生活において鍵のトラブルはいつ起こるか分からない重要性の高い出来事でありますから、それに直面することを想定して業者選びをシビアに行っておくべきだと思います。

近年、有機野菜は様々なところで注目され、人気を集めています。イメージ的に、健康的で美味しい、新鮮、値段は高い、と思われますが、有機野菜にはメリットとデメリットがあります。メリットとしては、一般的に売られている野菜に比べて甘さがあり、みずみずしさがあるので、野菜本来の濃い味を持っています。次に、有機野菜は農薬を使用せずにつくられるため、害虫や病気などから身を守るために抗酸化物質を多く作り出すので、多く含まれています。抗酸化物質は、人間の体内に発生する活性酸素を除去し、老化や病気の原因を排除してくれますし、野菜自体の栄養価によって健康的なのです。そして、有機野菜は、三年以上農薬を使用していない畑で作られる野菜であり、放射性物質が含まれておらず、遺伝子組み換え野菜でないという条件があります。しかし、政府のガイドラインには、「化学肥料や農薬を避けて栽培する」とありますが、「政府に指定された安全性の高い農薬」の使用は認められています。政府が認めた農薬ですから、安全性は確立されていますが、全く農薬が使われていないというわけではないので注意が必要です。食の安全性については、高く保障されており、日本は、世界の中でも安全な野菜を生産していると言われますが、その日本の野菜の中でも安全度が高い有機野菜は、世界レベルで安心だと言えるものなのです。

梅雨が明けたと思ったら、今度は真夏日が続き、最近では35℃を超す酷暑日となってきています。 昼間はクーラーがないと生活できないくらいの暑さで、家の中でも熱中症になってしまう場合もあるくらい。 仕事をしていると、外がどんな天気かあまりわからないけど、帰る時に一歩外に出ると、どっと汗がでます。 車の中はサウナのようで、いつもハンドルに何か日よけをやっておこうと思っていても忘れてて、 ハンドルがちゃんどにぎれず危ない運転に…。 暑いのはいやだから早く秋になれって思うけど、次は寒い冬がやってくる。 この繰り返しですね。


Copyright(C)